ホームに戻る

直方市出身。やすなが浩之は、地元のために全力疾走することをお約束します!

活動報告

市政レポートを見る

直方市議会議員 やすなが浩之の活動報告や新着情報はフェイスブックで発信しています。




皆様にご支援いただき、直方市議会議員に初当選させていただいた平成26年4月から早3年余が経過いたしました。

直方市議会の議場では、市民の方々からのご意見を伺いながら、地域活性化・医療福祉環境の充実・子育て環境の整備・災害対策といった4つの政策軸に沿った意見提起を行うと共に、直方市の行政運営健全化を見据えた質疑等も積極的に行って参りました。また、議会報告や日々の活動報告等に際し、年1回の市政レポートの配布や議会報告書の配布に加え、インターネットツールを活用した情報発信等にも取り組んでいるところです。

ライフワークとしている地域活動では、地域の仲間たちと共に設立した『直活会(のおかつかい)』によるイベント開催を行っており、消防団での災害時活動や予防活動も継続しています。

なお、福岡県中小企業家同友会や直方中央ロータリークラブにも入会させていただき、企業経営を学ぶ例会や奉仕活動にも参加することで、直方市の行政運営に対する提言等に役立てています。

これからも、座右の銘である『スピードこそ、誠意なり』をモットーに、皆様からのご意見ご要望に迅速に対応して参ります。市政に対する皆様のご意見ご要望等を是非お聴かせ下さい。

親身に聞く。積極的に動く。

「直方市への要望を気軽に相談できる」
「相談したらすぐに動いてくれる」

皆さまの想いを実現するために亡、祖父・静夫、父・治の想いを受け継ぎ「安永浩之」は 『スピードこそ誠意なり』を座右の銘として、30代の若さを活かした行動力で皆さまのご期待にお応えします。 ライフワークとしている各分野の地域活動を基軸とした明確な理念に加え、自らも率先して活動することで、直方市の活性化に貢献して参ります。


『外町商工振興会』会員
『直活会(のおかつかい)』副会長
『福岡県中小企業家同友会』のおがた支部ブロック長
『直方中央ロータリークラブ』会員

地域活力のある「まちづくり」

本市では、商業施設の新規出店・移転に伴い、既存商圏に加えた新たな商圏が形成されつつあります。 変化の流れに沿うべく、市の財源確保・経済力強化の観点からも、中小企業の方々の声をしっかりといただきながら、 地域活力の中心を担う地元企業の支援策を提言して参ります。また、相互扶助が円滑に機能する安全安心な街を目指して、 自治会活動や地域活動に積極的に参加し、地域活性化に働きかけて参ります。

『知古一公民館自治会』子供育成・青少年育成部部長
『直方市立直方北小学校PTA』会計

子どもにあたたかい「まちづくり」

平成29年9月から中学校完全給食が開始され、平成30年度から小中学校へのエアコン設置が順次行われる予定です。 しかしながら、耐震化工事等を優先的に実施した影響もあり、教育施設の維持修繕は満足のいく状況ではありません。 また、基礎学力の向上も、本市における近年の課題となっています。教員の労働環境にも十分に配慮しながら、更なる子育て環境整備に働きかけて参ります。

『やすなが訪問看護・ヘルパーステーション』
『認知症と家族の会』会員

高齢者・障がい者の方々が住みよい「まちづくり」

全国的に高齢化率が上昇しており、本市も3割を超える状況となりました。在宅医療・介護の推進や医療介護の連携強化が喫緊の課題となっています。 また、障がいに対する社会的バリア解消や雇用機会確保等にも、積極的に取り組んでいかねばなりません。 様々な会合への参加や訪問介護・訪問看護を通して得た知識を活かし、持続可能な医療福祉環境の充実に働きかけて参ります。

『直方市消防団第二分団第一部』団員

災害の少ない、災害に強い「まちづくり」

日本各地で地震や水害などの大災害が頻発しており、火災などは身近に起こりうる災害の代表格です。 幸い、本市においては火災発生件数も低く、安全安心な住環境が継続されておりますが、火災警報器の設置率の低さや消防団員数の減少は、 将来に向けて改善を要する状況となっています。自らも地域防災活動に参加しながら、防災レベル向上に働きかけて参ります。